「やりっ放し研修」を減らす! 人材育成コンサルティング


こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?



「やりっ放し研修」になってしまう原因・要因の分析

  • 弊社では、15年以上企業の人材育成の現場に携わってきた中で「やりっ放し研修」になってしまう原因・要因を分析してきました

実際のコンサルティングステップ
~Brewの「方法論×経験」~


ご提供ソリューション



<ご提供内容>
人材育成、「やりっ放し研修の削減」に関する、部分的なコンサルティングをお引き受けいたします。
ノウハウ的な情報や方法論の共同創造や、御社の作業を軽減させるためのマンパワー面のご支援など、課題とご予算、優先課題に応じて、プランいたします。

<ご提供方法>
到達期限を決めて、取り組む優先課題を明確にして必要なコンサルティング回数、方法、時間、などを決めていきます。



<ご提供内容>
行動定着型研修を実施していく際に、事務局や受講生、上司などの負担が増えることが一般的です。
そこで、その負担を減らし、行動定着に向けた仕組を効率的・効果的するためのITシステムがあります。

御社の事業内容、商材、導入されている研修に応じて、適切なITシステム(場合によってはITを使わず)をご提案します。また、導入後のフォロー(講師や弊社コーチなどがフォローする)サービスや、結果などの分析をご支援します。
※弊社と提携している3社の行動定着型ITシステムをご提案いたします

<ご提供方法>
ご相談は無償で賜ります。
システム導入は、システム会社と弊社で共同で行います。
導入決定後のフォローについては、フォロー方法により費用と方法が異なります。



<ご提供内容>
ITではなく、人・ヒトによる、フォローを行い、フィードバックやレビュー、アセスメントをおこなっていく、ご支援です。

当社の契約しているビジネスコーチ、カウンセラーなどが、研修内容と、各人のアクションプランを踏まえた、フォローアップをご支援していきます。

<ご提供方法>
研修受講生が何人で、どれだけの期間、どんなフォローを行っていくか、対面かオンラインで行うか、上司を巻き込んだ3人1組で行うかなどを協議検討の上、決定していきます。

それに応じて、必要となるコーチ、カウンセラーの人数を把握します。
研修の目的、研修内容、を事前に共有化し、研修後にもその結果を共有します。
その後、フォロー期間中、担当コーチ、カウンセラーが、フォローアップを行い
適宜、人事部などの事務局へ報告いたします。
最終的には、個人別のレポートをご提出いたします

ご相談から、ご提供までの流れ

貴社の経営課題、検討課題にお役に立てるようでしたら、下記のメールかもしくは「お問い合わせ」からご質問・ご相談をお送りください。
もしくは「お問い合わせ」へ
内容を確認し、折り返し下記のとちらかご希望の方法にてご返信いたします。
  【1】お伺いの上、詳細のご説明・事例のご説明
  【2】メールにて、簡単なご説明をご紹介
ここまでは、一切費用もかかりませんので、お気軽にご相談ください
お問い合わせ ※各サービスの詳細、価格などは、個別に設計いたします。
まずはご相談からお気軽にどうぞ。

弊社提携パートナー

  • 行動定着型研修を実施していくために、ノウハウ、システムなどで弊社のパートナーとなっていただいている企業様です。(順不同)

Brewの他の研修・コンサルテーマ