知恵袋コラム

講師向け

講師は教えることが仕事ではない


コロナ第6波が、業界をまた襲ってきています。
中止、延期、実施時間の短縮などのマイナス方向の動きが出ています。

まあ、もう2年間もこうした動きが続いているので、良くも悪くも「またか」と右往左往しなくなりました。
ただ、ご依頼予定だった講師には、申し訳ない気持ちです。「また次!」という話を通じてミライを一緒に創っていくようにしています。

さて、最近もいろいろな講師の方とお会いする中で、「この講師はここが素晴らしいから、お客様の人気が高いんだ」とか「この方は、講師をしていなくても、きっと同じようなマインドで仕事をしてるだろうな」と共通の「とあること」を感じます。
 

それは、タイトルにもさせていただいた
講師とは「教える」仕事ではない
という点を、理解されている、腹落ちしている、あるいは素でそうなっている方なのです。


え?
講師=教える
ではないの?と思うかもしれません。

しかし、教えることが先に立ってしまう講師には、逆に弊害があると最近特に感じるのです。例えば、決められたカリキュラムの全てを、教え込むような、消化しなくてはいけないような教え方になってしまいます。

結果、受講生の気付きや、自分ごとへの落とし込みが、生まれにくくなる可能性が高くなるでしょう。あれも、これも、なんだかどれも大事で大切らしい、、どれから手を付けようか、アワワワ、、、、と整理できず、自分の中の優先順位付けもできなくなります。 

そして、教えることが優先されてしまうと、受講生は安易に正解をもらったような形になり、受け身になります。必要性や価値、自分にとっての意味などを含めて考えたり、落とし込むことをしません。言うまでもなく、忘れやすくなる、定着しない、臨機応変に活用できない、といった弊害を生むことになるのです。

 
特に、今のような不安定な時代、教える=正解だけを教えることは、逆効果になりかねません。正解=◯✕という安易なジャッジを早計にしてしまう=可能性の枠を狭めたり、安易な人間関係になりかねません。

 
そして、この「教える」事が目的化してしまう、ことは悪気なくそうなっているパターンもありますが、残念なケースとして、自分中心になって”自己陶酔”してしまう方もいらっしゃいます。

実は、この点、私自身が一時期はまっていた落とし穴でした。

受講生が何も知らない、困っている、だったら「こうするんだよ、、、できるようになったでしょ」とついつい力が入りすぎてしまったのです。その当時は、悪気なく、良かれと思ってやっていました。

この講師が「教えること」を勘違いしてしまうのは、自分ではその姿に気が付かないことが、非常に厄介な問題です。知らないから教えてあげたい、早く受講生の役に立ちたい、という”良かれ”という想いがあるからこそであり、そして自分ではその姿に気が付きにくいものだからです。

私の場合は、有り難いことに、クライアントからのストレートなフィードバックを受けたことが気がつくキッカケでした。そこで、受講生の様子を少しずつ観察していくことで、段々と大間違いに気がついていったのです。


あれ?教えすぎない方が、いいの?
あら?正解をすぐ教えない方が、喜ばれる?
そんな試行錯誤の結果、「教え過ぎている」ことを気づいたのです。

 
「教える」という、なんだか良いことをしている自分を正当化していた、という、まあお恥ずかしい、痛い経験でした。

 
では、人気がある講師はどんな事を考えているか

講師という仕事についての、ミッション、仕事感が違うレベルにありました
「個人や組織の問題を解決してあげること」
「いくつかの選択肢を渡すこと」
「人や組織に向かい合うこと」

こうした彼らなりの言葉を持って、講師というROLL(役割)を果たしています。
その中で、教えることを、その場、そのときに応じて、チューニングしているように感じます。

しっかり教えることが必要な時と、教えることを手放す時
これをしっかり意識して観察し、調整しているのです。

これが受講生であったり、クライアント事務局から高く評価される点なのだと思います。


さらに、ここが非常に大事なのですが
言葉としてこの事を知っているレベルではなく、自然体でやっておられる。
それは技術レベル、対処レベルでやっているだけとは大きく違うのです。
ここが腹落ちして、自然とそうなっているのとは、根本的に違うのです。


教えることは、手段であり、それが目的ではない

 
今の時代、オンラインでの学習素材も世の中に溢れています
企業のeラーニングしかり、You Tube、様々なオンライン学習コンテンツと。
 

コンテンツをを見直す
プロモーションを行う
紹介営業を行う
といったことも欠かせないと思いますが
 

今一度、講師という仕事の「定義」「ミッション」を
問い直されてみてはいかがでしょうか。


そして、これさえも、正解はなく、各人の中、内から来るものに妥当解があるはずです。
   

2022年1月29日

Brew株式会社
代表取締役
原 佳弘


お問い合わせ Brew(株)では、講師の方向けにコンサルティングを行っております。詳細は、お気軽にお尋ねください。

Brewの他の研修・コンサルテーマ