知恵袋コラム

講師向け

講師3.0 やりっぱなしにしない研修講師とは

2月9日 Brew株式会社主催にて「やりっぱなしにしない研修講師 講師3.0養成講座」を開講しました。



この講座は、昨年から説明会を6回以上開催し、昨年10月に1期生6名が誕生した後の、2期生の講座でした。

内容としては

・研修業界の今後

・研修の効果測定

・インストラクションデザイン(研修設計)の理論

・目標達成プログラム(PDCFA)

・研修後フォローシステム(Action.T.C)

などなど、朝10から18時まで、あっという間の時間でした。



企業が求める「研修の効果測定」そのために、必要な研修当日の目標達成、その後のフォロー、そして研修への参加動機づけ・・・

こんな内容を理論と実践の両面から学びました。

この講座は、講座自体がやりっぱなしにしないならないようになっています。


そうなんです。

講師自身が目標設定し、それを1ヶ月間実践してくるのです。

 

それを、Action.T.Cというフォローシステムを使いながら、チーム同士でフィードバックし合うのです。つまり、講師として「やりっぱなしにしない」事を教えながら、自身が受講生の立場で「やりっぱなしにならないように」実践していくのです。

そして、1ヶ月の実践を経て、またこの講座では集合研修を半日行うのです。


これから、外部講師は淘汰の時代を迎えることが想定されます。

 

話がうまい、面白い、いい内容だった、アンケートが良いスコアだった

では、生き残れなくなるでしょう。


研修とは何か?
どんな効果が求められているか?

そんな疑問を持たれた方、是非次回の当社の「説明会」にお越しになりませんか?
※弊社ホームページ セミナー情報に掲載してあります

お問い合わせ Brew(株)では、講師の方向けにコンサルティングを行っております。詳細は、お気軽にお尋ねください。

Brewの他の研修・コンサルテーマ