知恵袋コラム

研修企画担当者向け

管理職向け「部下に報連相をさせる技術」研修

Brew㈱企画営業&講師の岩下利朗です。
企画営業としての、私目線のコラム。
今回は、とある公開セミナーで登壇した、Brew㈱のパートナー講師、濱田先生の「部下に報連相をさせる技術」について、書いていきます!

御社にはこんなお悩みございませんか?

・部下が報連相をしてこない
・報告が遅れたことにより、大きなトラブルにつながった
・部下の報告は何が言いたいのか分からない

これらのお悩みを解決してくれるのがこの研修です。
では早速、解説していきます。

~連絡が苦手な現代社会人の主な原因~

進捗状況を知りたいのに、何も言ってこない部下…
「なぜ何も言ってこないんだ~!」とイライラしたこと…
ありますよね!

あなたの部下はなぜ、連絡や相談をしてこないのでしょうか?
ちょっとだけ、考えてみてもらえますか?


面倒くさい
重要性を感じていない

色々な意見が浮かんできましたか?

同じようにこのセミナーでは、参加の管理職皆さんで、「なぜか?」を出し合い、その後、に答え合わせを行いました。

その答えあわせで、何と意外な答えがありました!
それは…
ネタバレになりますので、ここでは言いませんが、その答えには、管理職と部下の間には、ギャップがあるようですね。

その差を埋めて、なるべく自主的に報連相をやってもらえる環境を作りたいところです。

では、そのためにはどうすれば良いのでしょうか?

~離職率を減らすことにもつながる可能性が~
答えの一つに「上司である、あなたの受け止め方にも工夫が必要である」というものがありました。

それを体感すべく、上司役と部下役に別れてのペアワークを実践。

実際に、部下役の参加者から上司役の参加者へ、とある報告をします。
そして上司役は、受け止め方に工夫を入れるのです。

実践してみると…

報告する側は、「工夫された受け答えをする」と分かっていても、自然な笑顔で報告が出来たようです!

上司役の方は、報告側の目線を理解し、「こうすれば報告がしやすくなるな!」と解を深められたようでした。

私も、弊社代表に報告や相談をしますが、代表の聞く姿勢がオープンだと話しやすくなるものです。(決して代表へ「そうしてくれ」とアピールしているわけではありません(笑))

このように、気軽になんでも話せる職場は、雰囲気も良くなるでしょうし、最近の企業の悩みである、離職率を下げる事にもつながるのではないでしょうか?

今の時代に合わせた研修と言えます。

~350名の講師ラインナップ!~
研修当日/事前の企画・計画/研修後のアフターフォロー
Brew㈱は、今回の濱田先生をはじめ、350名の講師ラインナップを持っており、企業様の様々なお悩みにや目標に合わせた、教育の構築と研修企画、そして講師提供をしております。


~やりっぱなし研修撲滅!~
また、「学んで終わり!」とならないように、ITシステムなどを使った、研修の定着化を支援する「やりっぱなし研修撲滅」も提供中。
研修がしっかりと経営活動につながる事に力を注いでいます。

詳細、資料などご希望の方は、こちらのお問い合わせフォームからどうぞ!
問い合わせフォーム


お問い合わせ Brew(株)では、研修企画支援事業を行っております。
詳細は、お気軽にお尋ねください。

Brewの他の研修・コンサルテーマ